製品をカスタマイズする 情報を受取る トップに戻る
Ergonomic Keyboard Tray
Ergonomic Keyboard Drawer for Office Desk
Under Desk Keyboard Tray

Keyboard Systems

designed by George Mileos x Humanscale

(48)
多くの意味でキーボードサポートはエルゴノミクスに基づくワークステーションの要です。手の伸ばし方や視界の見え方は姿勢を決定する重要な要因です。当社のキーボードトレーはキーボードやマウスをエルゴノミクスにかなった位置に配置することにより、ユーザーが健康的で負担の少ない姿勢を維持できるようにします。巧みにデザインされたキーボードトレーは、ユーザーを手根管症候群、首・背中の痛み、その他筋骨格系の問題から守ります。ヒューマンスケールは1999年以来、アンダーデスク・キーボードシステムを製造する代表的なメーカーです。現在は他のメーカー全てを合わせたよりも多くのキーボードシステムを販売しています。
Keyboard Systems

designed by George Mileos x Humanscale

(48)
多くの意味でキーボードサポートはエルゴノミクスに基づくワークステーションの要です。手の伸ばし方や視界の見え方は姿勢を決定する重要な要因です。当社のキーボードトレーはキーボードやマウスをエルゴノミクスにかなった位置に配置することにより、ユーザーが健康的で負担の少ない姿勢を維持できるようにします。巧みにデザインされたキーボードトレーは、ユーザーを手根管症候群、首・背中の痛み、その他筋骨格系の問題から守ります。ヒューマンスケールは1999年以来、アンダーデスク・キーボードシステムを製造する代表的なメーカーです。現在は他のメーカー全てを合わせたよりも多くのキーボードシステムを販売しています。
多くの意味でキーボードサポートはエルゴノミクスに基づくワークステーションの要です。手の伸ばし方や視界の見え方は姿勢を決定する重要な要因です。当社のキーボードトレーはキーボードやマウスをエルゴノミクスにかなった位置に配置することにより、ユーザーが健康的で負担の少ない姿勢を維持できるようにします。巧みにデザインされたキーボードトレーは、ユーザーを手根管症候群、首・背中の痛み、その他筋骨格系の問題から守ります。ヒューマンスケールは1999年以来、アンダーデスク・キーボードシステムを製造する代表的なメーカーです。現在は他のメーカー全てを合わせたよりも多くのキーボードシステムを販売しています。

「10年に及ぶエルゴノミクス研究より、奥方向へ傾きのある調節可能なキーボードトレーを使用すれば手や手首、上半身を負担の少ない自然な姿勢に保ちながら仕事をする時間を最大にできることが明らかになっています。このような姿勢面でのメリットは高さ調整が可能なだけの面上でキーボードを使用するのでは得られません。」

アラン・ヘッジ博士(Dr. Alan Hedge)、コーネル大学(Cornell University)

  製品ビデオを見る

Ergonomic Adjustable Keyboard Tray Top View
Ergonomic Adjustable Keyboard Tray Side View
出荷

All keyboard systems ship in 1-2 weeks.

製品のお手入れ

To clean surfaces use mild liquid soap and water. Gently wipe thoroughly with a soft moist cloth to remove dirt and stains. Dry gently with a dry soft cloth.

レビュー
  • Great versatility!
    I enjoy this keyboard stand a lot. The keyboard stand is adjustable, and the mouse pad is separately adjustable. I no longer have pain in my shoulders or neck after using this product. It took me a little bit to find the right spot for it, but once I found the sweet spot it has been amazing!
    Wynter F.
デザイナー
ジョージ・マイロス(George Mileos) x ヒューマンスケール Image
ジョージ・マイロス(George Mileos) x ヒューマンスケール

ジョージ・マイロス(George Mileos)は、受賞歴を持つ、オフィス家具専門のデザイナーです。オフィス環境向けのジョージの作品には、ワークステーション、タスクチェア&スツール、ニューヨーク近代美術館(Museum of Modern Art)の永久収蔵品として選ばれたディクテーティングマシンなどがあります。


ジョージは、ヒューマンスケールと協力し、エルゴノミクスに基づく一連のキーボードシステムを開発しました。デザイン賞に輝いたこれらのキーボードシステムは、手首の疲労を軽減し、現代のどんなワークプレイスでも生産性を高め、健康を促進します。

ジョージ・マイロス(George Mileos)は、受賞歴を持つ、オフィス家具専門のデザイナーです。オフィス環境向けのジョージの作品には、ワークステーション、タスクチェア&スツール、ニューヨーク近代美術館(Museum of Modern Art)の永久収蔵品として選ばれたディクテーティングマシンなどがあります。


ジョージは、ヒューマンスケールと協力し、エルゴノミクスに基づく一連のキーボードシステムを開発しました。デザイン賞に輝いたこれらのキーボードシステムは、手首の疲労を軽減し、現代のどんなワークプレイスでも生産性を高め、健康を促進します。

デザインについて
Under Desk Keyboard Tray
デザインについて

どんなワークステーションでも、エルゴノミクスに基づくデザインのキーボードが不可欠です。最も健康的なキー入力の姿勢は、手首を中立またはわずかに回内した姿勢(まっすぐ、または、下向きの角度にわずかに曲げる形)に維持できる姿勢であるという点で、エルゴノミストの意見は一致しています。そうした理由から、ヒューマンスケールのデザイナーは、デスクの下側に取り付けるアンダーデスク・キーボードトレーを考案しました。これにより、キーボードの位置がエルゴノミクスにかなうよう、0°から-15°の間のどの角度にでも設定できます。

どんなワークステーションでも、エルゴノミクスに基づくデザインのキーボードが不可欠です。最も健康的なキー入力の姿勢は、手首を中立またはわずかに回内した姿勢(まっすぐ、または、下向きの角度にわずかに曲げる形)に維持できる姿勢であるという点で、エルゴノミストの意見は一致しています。そうした理由から、ヒューマンスケールのデザイナーは、デスクの下側に取り付けるアンダーデスク・キーボードトレーを考案しました。これにより、キーボードの位置がエルゴノミクスにかなうよう、0°から-15°の間のどの角度にでも設定できます。

カラーオプション
white keyboard tray option

ホワイト

black keyboard tray option

ブラック

情報を受取る

Humanscale

当サイトでは、お客様のショッピング体験の向上とカスタマイズを目的として、自社ならびにサードパーティーのクッキーを利用しております。当サイトをご利用することにより、クッキーの利用に同意されたものとみなします。さらに詳しい情報は、こちらをクリックしてください。

Close Privacy Notice