製品をカスタマイズする アクセサリー 情報を受取る トップに戻る
Freedom Task Chair
Freedom Task Chair
Freedom Task Chair
Freedom Task Chair

Freedom Task Chair

デザイン:ニールズ・ディフリエント(Niels Diffrient)

どんなスペースにも合う現代のオフィスに導入できるようにデザインされたフリーダム(Freedom)タスクチェアは、快適さとスタイルと完璧な使いやすさを提供します。ニールズ・ディフリエント(Niels Diffrient)が10件を超えるデザイン賞を受賞したフリーダム・タスクチェアは、物理法則と座る人の体重を利用して、座る人それぞれに合ったサポートを瞬時に提供します。このバランスのおかげで楽に身体を動かせるだけでなくどんな姿勢をとってもしっかりとしたサポートが得られます。ユーザーは頻繁に姿勢を変えるようになり、より健康的で快適な座り心地がもたらされます。
Freedom Task Chair

デザイン:ニールズ・ディフリエント(Niels Diffrient)

(7)
どんなスペースにも合う現代のオフィスに導入できるようにデザインされたフリーダム(Freedom)タスクチェアは、快適さとスタイルと完璧な使いやすさを提供します。ニールズ・ディフリエント(Niels Diffrient)が10件を超えるデザイン賞を受賞したフリーダム・タスクチェアは、物理法則と座る人の体重を利用して、座る人それぞれに合ったサポートを瞬時に提供します。このバランスのおかげで楽に身体を動かせるだけでなくどんな姿勢をとってもしっかりとしたサポートが得られます。ユーザーは頻繁に姿勢を変えるようになり、より健康的で快適な座り心地がもたらされます。
どんなスペースにも合う現代のオフィスに導入できるようにデザインされたフリーダム(Freedom)タスクチェアは、快適さとスタイルと完璧な使いやすさを提供します。ニールズ・ディフリエント(Niels Diffrient)が10件を超えるデザイン賞を受賞したフリーダム・タスクチェアは、物理法則と座る人の体重を利用して、座る人それぞれに合ったサポートを瞬時に提供します。このバランスのおかげで楽に身体を動かせるだけでなくどんな姿勢をとってもしっかりとしたサポートが得られます。ユーザーは頻繁に姿勢を変えるようになり、より健康的で快適な座り心地がもたらされます。

ABOUT THE DESIGN

フリーダム・タスクチェアは座り方に革命をもたらしています。座る人の体重に合わせて自動的に調整されるリクライニング機能と同期調整式アームレストを備えたタスクチェアの性能および機能性に関して新たな基準を打ち立てました。人間の身体の輪郭にマッチするよう形が整えられた発泡体のバックレストと、時間にわたって快適さを維持する厚手のクッションを備え、どんなユーザーでもエルゴノミクスにかなったフィット感を得られます。

WHAT IS A NET POSITIVE PRODUCT?

Freedom Task Chair is Living Product Certified, meeting the most rigorous sustainable manufacturing criteria to date. This means that Freedom Task Chair is climate, water and energy positive. Every time we make these products the planet is better off. With a mission to create a healthier world, we are proud that over 60% of our products are certified net positive.

Learn more about our Net Positive Products

  製品ビデオを見る

  製品パンフレットをダウンロード

Freedom Task Chair
Freedom Task Chair
出荷

ヒューマンスケールの担当者にお問い合わせください。

製品のお手入れ

チェアのアームパッドおよびベースをきれいにするには、液体の中性洗剤と水を使用します。汚れや染みを落とすには、柔らかい布で優しく丹念に拭きます。乾いた柔らかい布で、優しく乾かします。

レザーのお手入れや染みの除去に関する詳細な説明書(PDF)をダウンロードする。

レビュー
  • Didn't appreciate it until it was gone
    I used the Freedom Task chair for about 4 years at my previous job. I never really thought much of it until I started working from home a few days a week. Only then did I realize that the chair in my home office caused severe discomfort after about an hour or two of use. I asked one of my old colleagues to find out what type of chair was in my old office. I bought the Freedom Task, and the difference was immediately apparent. I never thought I'd spend this much on a chair, but it was well worth the investment.
    Brian B.
  • Love this chair
    Chair fit seems to be a very person specific thing. This chair has become my go to chair for people with comfort issues. The people I introduce this chair to in our firm never let it go once they sit in it! Yes I have one and have sat in quite a few.
    Keith A.
  • Perfect in every way
    With so many options to customize your perfect desk chair, this is just the best chair ever! I can sit for extremely long periods with the comfy gel seat. The superb back support and adjustable soft leather armrests contribute to good posture with no stress points. I am so happy with my Freedom Task chair that I gave one to my husband. Now we are both happy customers. (Plus customer service is the best!) Double thumbs up!
    Missy M.
デザイナー
ニールズ・ディフリエント(Niels Diffrient) Image
ニールズ・ディフリエント(Niels Diffrient)

ニールズ・ディフリエントのデザインは、形状は機能によって決まるという考えに基づいています。彼の作品は数世代に及びますが、常に流行にとらわれることなく、日常生活で使用するツールを再発明しています。

デザインおよび建築を学び、クランブルックアカデミー(Cranbrook Academy)の学位を持つディフリエントは、工学、建築、ヒューマンファクターに関する知識を、機能性が高く、時代を超えた美しさを湛えるデザインの創出に注ぎ込んでいます。

エーロ・サーリネン(Eero Saarinen)やマルコ・ザヌーゾ(Marco Zanuso)、ヘンリー・ドレイファス(Henry Dreyfuss)と協力した初期作品から、ヒューマンスケールでの現在の作品まで、時代の先を行くディフリエントの才能は広く認められています。ディフリエントが受けた表彰としては、例えば、スミソニアン・クーパー・ヒューイット国立デザイン博物館(Smithsonian Cooper-Hewitt, National Design Museum)の「2002年ナショナル・デザイン・アワード(2002 National Design Award)」や「1999年クライスラー・デザイン・アワード(1999 Chrysler Design Award)」があげられます。近年、ディフリエントは、自分のエネルギーをオフィス環境、とりわけチェアのデザインに全力を注いできました。この分野でも、座面高の調整用空気圧シリンダーから重量反応式自動リクライニングまで、数多くのブレークスルーを見出してきました。

ニールズ・ディフリエントのデザインは、形状は機能によって決まるという考えに基づいています。彼の作品は数世代に及びますが、常に流行にとらわれることなく、日常生活で使用するツールを再発明しています。

デザインおよび建築を学び、クランブルックアカデミー(Cranbrook Academy)の学位を持つディフリエントは、工学、建築、ヒューマンファクターに関する知識を、機能性が高く、時代を超えた美しさを湛えるデザインの創出に注ぎ込んでいます。

エーロ・サーリネン(Eero Saarinen)やマルコ・ザヌーゾ(Marco Zanuso)、ヘンリー・ドレイファス(Henry Dreyfuss)と協力した初期作品から、ヒューマンスケールでの現在の作品まで、時代の先を行くディフリエントの才能は広く認められています。ディフリエントが受けた表彰としては、例えば、スミソニアン・クーパー・ヒューイット国立デザイン博物館(Smithsonian Cooper-Hewitt, National Design Museum)の「2002年ナショナル・デザイン・アワード(2002 National Design Award)」や「1999年クライスラー・デザイン・アワード(1999 Chrysler Design Award)」があげられます。近年、ディフリエントは、自分のエネルギーをオフィス環境、とりわけチェアのデザインに全力を注いできました。この分野でも、座面高の調整用空気圧シリンダーから重量反応式自動リクライニングまで、数多くのブレークスルーを見出してきました。

デザインについて
デザインについて
デザインについて

「そもそものアイデアは、腰を下ろしたら、沢山のレバーに手を伸ばして操作するようなチェアではなく、ただ座るだけで、座った人の体重と、リクライニングに必要な力のバランスを自動的に取るチェアを創りたいというものでした。」

ニールズ・ディフリエント(Niels Diffrient)、デザイナー


ユーザーに自動的に合うような真のエルゴノミクス・タスクチェアの開発に真剣に取り組んだ結果、ニールズ・ディフリエントはフリーダムを生み出しました。座る人が楽に姿勢を変えることができるチェアです。従来型のリクライニングメカニズムを、体重に合わせて自動的に調整されるリクライニング機能に変えることにより、ディフリエントのフリーダム・タスクチェアは、人々の座り方に革命をもたらしました。

「そもそものアイデアは、腰を下ろしたら、沢山のレバーに手を伸ばして操作するようなチェアではなく、ただ座るだけで、座った人の体重と、リクライニングに必要な力のバランスを自動的に取るチェアを創りたいというものでした。」

ニールズ・ディフリエント(Niels Diffrient)、デザイナー


ユーザーに自動的に合うような真のエルゴノミクス・タスクチェアの開発に真剣に取り組んだ結果、ニールズ・ディフリエントはフリーダムを生み出しました。座る人が楽に姿勢を変えることができるチェアです。従来型のリクライニングメカニズムを、体重に合わせて自動的に調整されるリクライニング機能に変えることにより、ディフリエントのフリーダム・タスクチェアは、人々の座り方に革命をもたらしました。

仕様
技術仕様

チェアの幅:690mm(27.25")
ベースの幅:635mm(25")
高さ:510mm(20")
重量:アームあり 17kg(38ポンド)/アームなし 15.5kg(34ポンド)

テキスタイル

Select textile to view swatches & learn more

Freedom Task Chair - 情報を受取る

Humanscale

当サイトでは、お客様のショッピング体験の向上とカスタマイズを目的として、自社ならびにサードパーティーのクッキーを利用しております。当サイトをご利用することにより、クッキーの利用に同意されたものとみなします。さらに詳しい情報は、こちらをクリックしてください。

Close Privacy Notice