NEAT Methodによる、ホームオフィスを整理するための5つのヒント 多くの人が自宅からリモートワークを行っている昨今、ホームオフィスを健康的かつ集中できる空間にすることが重要です。 働く場所がオフィスであろうと、自宅であろうと、人間工学に基づいた環境が必要なことに変わりはありません。 あらゆるホームオフィスに欠かせないエルゴノミクス製品を紹介する専用の記事がありますので、ぜひチェックしてみてください。 人間工学に基づいた作業スペースを用意するだけでなく、作業スペースを整然とした状態に保つ方法を考えることも重要です。 やはり、整理整頓も生産性の向上につながります。 そのため、当社は整理のエキスパートであるNEAT Methodを訪ね、作業スペースを整頓するための5つのヒントを教えてもらいました。

 

  1. デスク上を片付けること。  できるだけ、デスク上を片付けましょう。 デスクの引き出しスペースが足りない場合、見た目が良い収納を選んでデスク上に置き、デザインが合致するモジュール式の引き出しを用意してデスクの下に設置します。
  1. アイテムを分類すること。 アイテムを分類してカテゴリー毎に分けて保管することで、各アイテムの数を把握できるようになります。 またそうすることで、縮小すべきカテゴリーが明らかになるため、アイテムを処分したり、他の場所で保管したりすることができるようになります。
  1. スペースを仕切ること。 パーテーションを使って引き出しの内部を仕切ることで、使用するアイテムに合わせてスペースをカスタマイズできます。 各引き出しの内部の寸法を測り、選んだ製品が収まるようにしましょう。 その後、スペースに完璧にフィットするように製品を並べます。
  1. ニュートラルな色を選ぶこと。 空間を彩る整理グッズについては、ホワイト、ブラック、グレーや透明など、ニュートラルな色の整理用品の使用がお勧めです。 目に優しく、見た目が上品で、どのようなスタイルにもマッチするからです。
  1. ラベルを使うこと。 アイテムの収納場所にラベルを貼ることで、自分(または「職場仲間」)がスペースを整理(NEAT)したくなります。 アイテムを戻す場所を厳密に示すのがラベルの役割です。

作業スペースが整理されていると、作業の生産性と質の両方が向上しやすくなります。 これらのヒントを実践することで(そして当社の整理用品にもこれを取り入れてみることで!)、きちんと整理された気が散らないスペースで、目の前の作業に集中できるようになります。 NEAT Methodは、米国とカナダの主要都市のマーケットで、ラグジュアリーなプロの家庭の整理サービスを展開しています。 訓練されたオーガナイザーが何千もの顧客の家庭を、混沌とした状態からきちんと整理された状態へと変えています。